住宅選びで欠かせない防犯意識の高め方

住宅と一言で言っても、種類があり、一戸建てもあればマンションもあります。そして、一戸建てでも平屋建てや2階建て、3階建てなど、規模が異なりますし、もちろんマンションでも物件によって階数は異なり、低層型から超高層型まで、色々な規模の住宅があるものです。 そして、どういった住宅に住むとしても気にしておきたいポイントと言えば防犯に関することです。例えば、空き巣は防犯意識が低く見える建物を狙う傾向がありますので、住まいを設ける際には、一戸建てでもマンションでも、そう見られない場所に住むことが大切と言えます。 なお、犯罪が起こる確率が低い地域に住むと言うのも大事なポイントです。街並みにはそれぞれ特性があり、例えば一つの市内であっても、地域によって犯罪が起きる確率と言うのは結構異なるものです。 なお、実際にどういった犯罪が起きてきたかと言うことは、警察署の公式サイトに犯罪マップが用意されていて、これで分かることがあります。 総数を見ることもできますし、空き巣被害だけに絞ってみることもできるなど、犯罪発生状況を地図上から見ることができますから、とても便利です。これで状況を把握して、空き巣被害が少ない地域の物件を選ぶと言うのも一つの手です。

別府 住宅はサンタナカが提供中です。
3054

住宅密集地域と災害

このところまた震度5クラスの地震が頻繁に起きています。日本に住んでいる限りいつどこで震災に遭うかわかりません。特に住宅密集地域で災害が起こった場合には何よりも火の元に注意しなければなりません。火災が起こった際にはあっとゆう間に火の手が広がりますのですぐに非難が必要です。私の近所でも住宅と住宅の間があまり離れていない建売物件が本当に多いので、いざという時は心配です。地震に対しては最近の住宅は強いと思いますが、火事になってしまうと意味を持たなくなってしまいます。

Copyright ©All rights reserved.住宅選びで欠かせない防犯意識の高め方.